15239400_1008854085891895_158169710_n

縮毛矯正をかけボブ・ショートで自然に内巻きにしたいあなたへ

こんにちわ!美容室Lacisaのブログです♪

Lacisaどんな美容室?って気になった方は↓

初めての方必読!Lacisaの5つの特徴・こだわりについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

15239400_1008854085891895_158169710_n

縮毛矯正をかけて自然に内巻きなボブ・ショートにしたいあなたへ

縮毛矯正をかけている方で短いショート〜ボブくらいの肩につくかつかないくらいの方での一番の不安や失敗は

縮毛矯正をかけてシャキーーンと不自然なくらい毛先がストレートになりすぎてしまう。

ショートやボブで縮毛矯正を書けて毛先がストーンとヅラみたいになってしまうとせっかくのヘアスタイルも台無し…

この部分に不安を抱いている方は多いと思います。

・綺麗にかかれば最強に綺麗な内巻きになるショート〜ボブ縮毛矯正

・縮毛矯正と連動したカットが大事なボブ・ショート

・ボブ・ショートで内巻きにするには髪質によって縮毛矯正+αが必要な場合もある

・ボブ・ショートで縮毛矯正をかけてトップがペタンコになってしまうんじゃないか?

・縮毛矯正をかけボブ・ショートで自然に内巻きにしたいあなたへ

今回はショート〜ボブの長さの方の自然な仕上がりの縮毛矯正での注意点やポイントなどを。

15228121_1008851812558789_1200400943_n

綺麗にかかれば最強に綺麗な内巻きになるショート〜ボブの縮毛矯正

もともとの髪の毛の癖でまとまらない・広がる・手触りが悪い・チリチリ・などなど個々でお悩みは様々でございますが、縮毛矯正はその悩みをすぐに解決できてしまう画期的なメニューが縮毛矯正です!

特にショートやボブの髪が短いヘアスタイルは長さがない分毛の重みがないので余計癖が出やすくなります。

写真のショートボブは癖のごわつきや広がる方に縮毛矯正を施術した写真です。かなり綺麗に髪の毛がまとまり、ツヤもすごいでて自然に内巻きになってますよね?実際は縮毛矯正をかけた後に

アイロン・ブラシ・洗い流さないトリートメント

を一切使わずバーっと手で乾かしただけの仕上がりです。

ショートやボブでも適切に縮毛矯正を施せば仕上がりはかなり良くあるのですが万人がそうできるわけではありません。

ショート・ボブの縮毛矯正の毛先の仕上げ方は本当に難しいです。

縮毛矯正をかける美容師さんの腕と言ってしまえばその通りなのですが…

img_step09

縮毛矯正と連動したカットが大事なボブ・ショート

ロングヘアーの場合1cm切ってもなかなか違いを感じづらいですが、ショートやボブの場合ですと1cm切るだけでもヘアスタイルが変わります。ショートやボブは髪が短い分クセも出やすく、骨格などももろに出るのでカットも難しいのです。

縮毛矯正をかける際もロングと違いボブ、ショートは短い部分が多いので伸ばし辛さや難しさがかなりあります。

縮毛矯正で癖を綺麗に伸ばすのはもちろんですが、プラスα計算されたボブ、ショートのカットに対してそれを綺麗に収める縮毛矯正が連動していなければ最高の仕上がりにはなれません。

なので縮毛矯正だけが上手い

でもダメですし

ボブ、ショートのカットが上手い

だけでもダメなんです。

計算されたボブ、ショートのカットに対してそれに合わせた縮毛矯正の技術が必要になります。

 

15218746_1008852002558770_1109216420_n

ボブ・ショートで内巻きにするには髪質によって縮毛矯正+αが必要な場合もある

ショート・ボブに限らず髪質の太さ、硬さなどによって縮毛矯正をどれだけ頑張ってかけても内巻きになりづらい場合があります。

そう言った場合は

根元〜中間は縮毛矯正

毛先にのみデジタルパーマ

をかけて毛先に内巻きのパーマを縮毛矯正と同時にかけることもできます。

美容室のメニューなどではよく

「ストデジ」

と表記されていることが多いです。*縮毛矯正のみ以上に難しいメニューのため美容室に行く前に事前にストデジのメニューがあるか確認することをお勧めします。

これにより、ショートやボブスタイルの縮毛矯正でも自然なワンカールのヘアスタイルになることができます。

毛先にダメージが強い場合は縮毛矯正やデジタルパーマがかけられない場合があるので必ず美容師さんにしっかりカウンセリングをしてもらいましょう。

15239400_1008854085891895_158169710_n

ボブ・ショートで縮毛矯正をかけてトップがペタンコになってしまうんじゃないか?

くせ毛でショートやボブの方だと髪のボリュームは出やすいので縮毛矯正をかけるとかなりペタンコになってしまったと感じやすい方は多いと思います。

縮毛矯正をかけて根元のボリュームはなくなる分もちろんトップのボリュームが出づらくなってしまいます。

ショートやボブでも根元からしっかり丁寧に縮毛矯正をかければ完全にぺったんこにはなりませんが少なからずボリュームは落ちます。

ショートやボブスタイルのトップのふんわり感ももちろん大事です。

そこで一つの手段として

・根元の2〜3センチはあえて縮毛矯正はかけない

というやり方があります。

そうすることによって根元ギリギリの癖は残り、縮毛矯正をかけてもペタっとしづらくなるというメリットがあります。

デメリットとしては縮毛矯正の賞味期限は短くなってしまいます。

根元ギリギリまでかけるより根元の癖が出やすくなってしまうので、癖が気になるのは縮毛矯正をかけてから早くなってしまう可能性があります。

縮毛矯正の

もち

を大切にするか

その日の仕上がりを大切にするか

縮毛矯正は美容室の中でもかなり難しい技術なので美容師さんと良く相談して決めると良いでしょう。

あとはショートやボブのヘアスタイルでも縮毛矯正のかけ方も変わるのでそこもしっかり決めましょう♪

13689777_907527949357843_1584294675_n

ショート・ボブの縮毛矯正をかける頻度

最初にもお話ししましたが、ショートやボブはロングと違い、長さがない分重みがなくロングに比べると癖が気になるのが早く感じる場合が多いです。カットの場合でもショートやボブはリスのヘアスタイルを保つ期間が短いように、縮毛矯正の場合でも同じく短いです。

定期的に縮毛矯正をかける方は、3~4ヶ月に1回ヶ月に1回は縮毛矯正をかける方が多いと思われます。

綺麗になショート・ボブのスタイルを維持するためには、カットと同じく縮毛矯正も定期的なメンテナンスが必要になります。

 

13706279_907527946024510_479589272_n

 

縮毛矯正をかけボブ・ショートで自然に内巻きにしたいあなたへ

縮毛矯正はあなたのお悩みを一発で解決できる可能性もありますが、仕上がりによっては残念な仕上がりになってしまう可能性もあります。

それでも縮毛矯正をかけてショートボブでもツヤツヤサラサラで自然なヘアスタイルになりたいと思います。

まずはしっかり自分の髪質を見極めてもらい、縮毛矯正、ストデジなどができるかどうかを美容師さんに判断してもらいましょう。

Laciaでは縮毛矯正+デジタルパーマの

「ストデジ」

もメニューにありますし、あなたのなりたいを叶えるために縮毛矯正以外でも髪質改善を含め全力でスタッフが担当させていただきます。

髪の状態によって縮毛矯正、ストデジができない場合でも髪質改善をしていきその後の縮毛矯正、ストデジがかけられる時期やヘアスタイルのスケジュールなどを親身になって対応させていただきますのでお気軽にご相談ください。

「Lacisaで縮毛矯正、ストデジをかけたい!」

「もっと縮毛矯正の詳細が知りたい!」

という方は

Lacisaの縮毛矯正(ストレートエステ)の詳細をご覧ください↓

立川で縮毛矯正が上手い美容室Lacisaのストレートエステ♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めての方は必ずお読みください↓

初めての方必読!Lacisaの5つの特徴・こだわりについて

 

Lacisaの髪質改善ヘアエステって?↓

Lacisaオリジナル髪質改善ヘアエステ

 

初めての方のご予約の場合

予約方法のオススメは断然LINE予約

一人一人丁寧な施術を心がけているので

1日に限定3〜5名様のご予約を制限させていただいております。

その分ご来店いただいたお客様の髪は必ず綺麗にします!

土日はご予約が埋まりやすいので早めのご予約をお願いします。

平日の方がご予約はお取りしやすいのでオススメですよ!

下記のボタンから「Lacisa公式LINE」

を友達登録していただきメッセージを頂ければ

ご案内可能な日やご相談などもスムーズにできます。

友だち追加

お客様からも

「電話予約より緊張しないので楽♪」

「事前に相談や空いている時間もわかりやすいから安心」

などの嬉しいお声をいただきLacisaのご予約はLINEからのご予約がダントツで一番多いです。

電話予約は↓

042-595-9435